• 2016年12月13日

おもいでw

おもいでw

おもいでw 1024 768 shimabi Hair Lab

こんばんは、島田です。

最近の火曜日恒例のお片づけで懐かしい物が出て来ました。ヤングバージョンという雑誌に当時乗っていたレビンが載った記念にYV編集部から記念に送られて来たテレホンカードです。モチロン使ってませんw  奥多摩を夜な夜な走っていた頃でステッカーをいっぱい貼ってますね。ハズカシイwリアゲートにはチームステッカーも貼ってました(汗)次に出て来たのは高校生の頃の膝スリ写真。お揃いで作ったチームトレーナー着てるw直ぐにスタンドを擦ってしまうのでバンク角を稼ぐ為に派手なハングオンですね。(今はハングオフって言うんでしたっけ?)この頃は直ぐ擦ってしまうスタンドは外して他車種の長いキックを解体屋から拾って来てそれに付け替えてバイクを停める時はキックを蹴り下ろした状態でサイドスタンドの様にしても停めてました。そしたらその次はサイドカウルを擦ってましたけどね(苦笑)夕方の写真で少し暗いですがバイクはヤマハのチャンプです。(この写真はスタンドを外す前のですね)こちらも自作のストロボなどステッカーベタベタです。よく見るとタイヤもまだノーマル時代ですね(IRCのジェッティーMB27)この後このタイヤはセンターバリ山、サイドツルツルの鬼っ減りタイヤになり交換しに行ったタイヤ屋さんに褒められる事に「ノーマルタイヤでここまでやったのは初めて見たよっ」って(嬉)

この場所は第2のホームコース◯◯◯霊園頂上付近です。当時墓地拡張の為に先に道路を作ってあって周りにお墓は有りませんでした。出来立ての道なので路面コンディションは最高でしたが少し狭かったです。そこにチームメンバーが何処かでパチって来たパイロン立ててコースを作ってました。墓地と言うロケーション(周りにお墓は無いですが)だけありチームメンバーと仲間だけの貸切コースでしたからまだ速く走れないメンバーも心置き無く練習出来てました。当時は走れるコースは何処も沢山人が来ましたから、自信が無いとなかなか走れなかったですからね。なのでこのコースの様にまだ皆に知られてない走れそうな場所を探し回ったりしてました。

まだまだ当時の写真のアルバムが有るのですがまだ発見出来ません。出て来たらまたupしようと思います。(モウイイッテ?)

No tags for this post.

Leave a Reply

お名前 (必須)*
メールアドレス (必須)*
電話番号
題名
メッセージ本文